JUMP十周年

今回は、Hey!Say!JUMP十周年について、今の私が思うことをつらつらと書きます。

 

私は、元々嵐がだいだいだいすきで、JUMPを好きになったのは4年前です。

だから、ド新規ですね。それでもやっぱりおもうところはあります。

Hey!Say!JUMPひとりひとりは個性があって、とてもいいキャラだと思うのですが、事務所側からのガードが強いのか、ジャニーズのなかでもJUMPはNGなことというか、過保護されているとおもうんです。

 

まだカラを破れていない感じが観ている側からすると歯がゆくて、比べるのはよくないと思うのですが、嵐の時はこんなんじゃなかったのにと思うこともしばしば…。

 

Jr時代はそれぞれが違うグループで既に活躍していたわけですが、それがあつまって出来たHey!Say!JUMPという一つのグループ。リーダーもいない中で、さらに個性が強い分、まとめるのも相当大変だったのではないかなぁと思います。

 

メンバー全員が未成年で思春期真っ只中で…

そのなかまとめ役、嫌われ役を買って出たのは薮くん光くんですよね。

なんと言われようが文句や嫌な顔を私たちの前で見せなかったし、悟らせなかった、ですよね?

デビュー当時は薮くん光くんにおんぶに抱っこで支えてもらって、尊敬すべき先輩であるはずなのに最近は"仲がいい"という言葉でまとめて、愛のない貶しやいじり、暴言が多く見られます。それは、一体どうなのでしょうか。

こんなド新規の私でも納得はいきません。

 

「親しき仲にも礼儀あり」

 

光くんはどんな時でも薮くん伊野尾くんが先輩だということを忘れていないし、その関係を大切にしている。

どんなに仲が良くても馴れ合いになってしまっては意味が無いし、グループは衰退していくと思います。

 

JUMPは人数が多いのもあるし、人間には好みがあって合う人合わない人がいるのもわかるけど、それはアイドルという職業を選んだ時点で仕事なのだからこっち側に悟らせてはいけないし、あからさまに行動や言動にあらわすのはプロとしていけないと思います。

 

薮くんと光くんの上に未だのしかかっている重圧と重荷をどうかメンバーひとりひとりが少しずつ背負って、本当の意味でひとつの夢に向かって同じ歩幅で歩いていってほしいです。そこについて行きたいです。

 

今のHey!Say!JUMPをみていると楽しめない、どうしても変なことを考えてしまう。

 

YouTubeでみたYa-Ya-yahの薮くん光くんはとても楽しそうでキラキラして、心から笑っていました。

もしかしたら薮くん光くんの居場所はHey!Say!JUMPではなくYa-Ya-yahなのでは…?

Ya-Ya-yahの薮くん光くんを応援していた方々が、このHey!Say!JUMPというグループとして活動する薮くん光くんを心から楽しんで応援できるようなグループになるまでHey!Say!JUMPはカラを破れないと勝手に思っています。

 

どうか十周年がいい年になりますように。

やっぱり

.

 

「2017.0416 ジャニーズ大運動会」

に行かせていただき、約5ヶ月ぶりの現場でした。

忙しなく過ぎてしまったけど、とても思い出に残る楽しい時間でした、ありがとうございます!

 

もうクタクタで今すぐにでも眠りたいけれど、「これだけは...!」と思い、綴っています。

 

今回のジャニーズ大運動会は、6時間半で

・50m走

・野球

・綱引き(Jr)

・PK対決

・障害物競走

・玉入れ(Jr)

フリースロー

・選抜リレー

の8競技が赤組と白組に分かれて行われました!

 

赤組監督は、KAT-TUN上田竜也

白組監督は、KAT-TUN中丸雄一

 

と発表され、わたしは「KAT-TUNか〜」って感じでいつも通り過ごしていたけど(?)、両チームキャプテンが発表された瞬間耳を疑いました。

 

"赤組キャプテンは八乙女光

まずここで、「えっ、待って?!」となり、わたしは語彙力が皆無になり(もとから)

 

"白組キャプテンは薮宏太"

ここで友達の耳元で叫びました。(ごめんね)

 

わたしみたいな奴でも感じる、やぶひか・Yaの凄み、2人の名前が並ぶだけでおこるどよめき、全身の震えが止まりませんでした。

 

最近はやぶひかの供給が増えてきているため、そろそろ体も慣れた頃だろうと思っていましたが、まだまだ免疫がなかったようです...。

 

(その話は置いといて)

 

やぶひかはキャプテンということで、じぶんが競技に出場しないときもその場にはいて、全種目出ずっぱりでした。

周りには先輩もいたし、なかなか緊張しただろうなと思います。

 

八乙女光くんを主にみたら、スタッフさんとこの後のことを話したり、司会進行に加わったり、トークを回したり...ほんとうに忙しそうにしていました。

 

きっと、デビュー当時はやぶひかがこういう風にHey! Say! JUMPを支えていたんだろうな、と感じました。(偉そうにすみません)

 

でも、その真剣にその場のトークを回したり、Jrに自分から話しかけて言ったり、種目は一生懸命頑張る姿はほんとうに"カッコいい"の一言でした。

 

その中でもわたしが1番心を打たれたのは、野球の試合で光さんが9番ファーストで出場していた時のことです。(これからが本題)

 

わたしは、前の日のらじらーを聞くことができなくて、twitterで流れてくる情報を頼りに、

 

"光さんが野球部に入りたかったこと"

"運動会の野球の練習を真剣にやったこと"

"そのせいで筋肉痛や、手がジンジンしてること"

 

は、把握していました。

そのときは「あ〜光さん頑張ったんだな」と思ったくらいでした。

 

でも、今日の野球の試合を見て、

「やっぱり私、光さんのここが好きなんだ...」

と感じた点を長々と書かせていただきます。

良かったらお付き合いください。

 

私は小さい頃からなにかと野球に触れることが多く、部活もソフトボールをしていたからルールは分かる方なので、本気でバット振ってなかったりとか、やる気のないプレーとかはだいたい見れば分かる...というか経験者じゃなくても、見れば分かるじゃないですか?!(いきなり投げやり)

 

今回の野球に出ていたジャニーズの方々はみなさんもちろん真剣でしたが、やっぱり自担だからということもあってか、私は光さんに"頑張ったで賞"を差し上げたかったです。

 

ピッチャーが投球練習をしている間に、内野でゴロキャッチボールをする時、ファーストからボールを投げるのも下手くそでも凄く一生懸命投げてる。

 

セカンド今井翼くんからの送球を取るのに精一杯で、ベースを踏むのを忘れてしまってセーフになってしまった後、よっぽど悔しかったのか(?)ずっとベース踏んだまま動かなくなって、実況に「今は踏んでなくていいんだよ!」と指摘されて、照れてる。

 

ショートからの送球がそれたときは、状況を判断して、ベースから足を離し確実にボールを取る。

 

じぶんがバッターの時は、しっかりと綺麗なフォームでバットを振っている。練習のときもなかなか当たらないことが多く苦戦しているようでした。

結果は空振り三振で塁に出られることはなかったけど、得点を得るチャンスもことごとく潰していったけど、誰よりも真剣で、本当に頑張った結果が目に見えました。

 

きっとあの姿をみたらかっこいいと感じると思います。

 

このときだって、いつだって光さんは、

下手くそでも出来なくても、それを出来ないって諦めて放棄するのではなく、出来ないなら出来ないなりに精一杯、自分の持ってる最大限の力を出し切る。

そんな光さんはとてもとても輝いていて、文字通り"光"でした。かっこよかったです。

 

そこが彼の魅力でもあり、強い武器になっていると思います。

 

今でこそ、

いじられおばかのバラエティキャラが

定着しつつあるけれど、

驚くほどお顔は整っていて

グループをまとめる力もある。

キャラが定着しつつある今だからこそ、本人も望んでいるソロのお仕事、演技のお仕事が来てくれることを私も願っています。

(八乙女担の皆さんもそうだとおもう...)

 

だって才能も計り知れないほどですよね、きっと。

 

長々と綴って、まとまらないまま

終わりを迎えてしまいますが...

 

今年が10周年。

まだまだ伸び代がすごいHey! Say! JUMP

 

とどまるところを知らない感じですね。

 

メンバー全員でさらなる高みを目指して、それを支えていければいいなと、思っています。

 

今日1日でやぶひかの偉大さと、

八乙女光さんの好きなところを

再確認することができました。幸せでした。

 

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。

 

 

p.s.

 

読み返したらただのもんぺで自分でもびっくりです。

ど素人ど新規が長々語って申し訳ないです。

 

 

 

 

.